Googleアナリティスク 直帰率を気にしすぎなくていい!ネガティブな直帰率を下げる方法

スポンサーリンク
ブログについて
スポンサーリンク

私自身、googleアナリティスクの直帰率の高さに悩んでいました。

直帰率について勉強することで
自分のブログ記事の内容を見直すきっかけになりました!

1.直帰率を気にしすぎない

直帰率と聞くと、かなりネガティブなイメージがありますよね。
直帰率が高いだけでかなり悪いような気になります。
でも直帰率が高いことだけでダメだと決めつける必要はありません。

1-1.直帰率とは

直帰率とはブログにやってきた人が1ページ目だけを見て帰ってしまう率のことです

1-2.ポジティブな直帰率とネガティブな直帰率

直帰率にも2つのタイプがあります
ポジティブな直帰率ネガティブな直帰率

ポジティブな直帰率は
ユーザーが1ページ目で答えを見つけて満足して帰ってしまう場合です

ネガティブな直帰率は
ユーザーが1ページ目の途中で離脱する形、もしくは最後まで読んだものの面白くないと感じ帰ってしまう場合です

ポジティブな直帰率の場合はそんなに悪いことではないので
直帰率が高いから絶対にダメだということにはなりません

1-3.ネガティブな直帰率を下げなければ意味がない

極端な話をすると、前編と後編という形にして内部リンクで繋いでしまえば、直帰率を下げることができます。

でもそれでは何の意味もありません

ネガティブな直帰率を下げなければいけません

2.ネガティブな直帰率を下げる方法

まずネガティブな直帰率の理由を掘り下げて考えることです

2-1.探していた答えが見つからない

ユーザーは探していた答えが見つからないと
また検索ページに戻り他のブログやサイトを探します

うさまる
うさまる

ブログ記事のタイトルと内容は合っていますか?
答えのない曖昧な記事になっていませんか?

2-2.重たくて読み込みに時間がかかる

ユーザーにとって有益な情報があったとしても
重たくて読み込みに時間がかかるとかなりのストレスになります

うさまる
うさまる

サイト・ブログが重たい場合は原因を探して改善する必要があります

2-3.読みづらい、使いづらい、分かりにくい

こちらも、ユーザーにとって有益な情報があったとしても
文字が小さくて読みづらかったり、説明がわかりづらいと離脱されてしまいます

うさまる
うさまる

広告が多すぎたり、改行が少なく読みづらい文章になっていませんか?

3.直帰率より大切なこと

直帰率より大切なことは何より最後まで読んでもらうこと

ユーザーの期待に応えること

そしてブログのリピーターになってもらうことが理想的です

直帰せずに他の記事を見てくれたユーザーさんは
何か他に目的がある、もしくはブログに興味も持ってくれたのです。

数あるブログの中で、興味を持ってもらえること、そしてその積み重ねが大切になってきます。

また直帰したとしても満足度が高い(ポジティブな直帰)場合は
リピーターとして戻ってきてくれるかもしれません

同じような内容の記事やブログはたくさん存在します
他の人にはない良さがないと戻ってきてはくれません

自分のキャラクターやカラーをしっかりだして
他のブログやサイトとの差別化をはかることです

ゆるまる
ゆるまる

これに関しては私もまだまだ勉強中で今後の課題となっています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました