カタログギフトの損しない選び方

スポンサーリンク
お得情報
スポンサーリンク

最近は結婚式の引き出物もカタログギフトがほとんどですよね

カタログギフトって意外と欲しいものがなかったりしませんか?

どうせ買うならお得なものを選びたいな

そんな人にカタログギフトの損しない選び方を伝授します

1.カタログギフトの損しない選び方

1-1.カタログギフトのシステム

カタログギフトの損しない選び方は、まずカタログギフトを知るところからはじまります

カタログギフトには価格設定があります。
1番多い結婚式でもらうカタログギフトの相場は、3000円~5000円です。

カタログギフトには500円から700円前後のシステム料というのが含まれています

カタログの価格−システム料が交換できる商品の定価になります。

つまり、カタログギフトの商品の定価はほぼ同じなのです。
基本的にカタログギフトの商品の定価は揃えてあります。

1-2.カタログギフトで損しないために

欲しいものがあるならば、損得関係なく欲しいものを手に入れるのが1番です。

ただ、どうせもらえるならお得なのはどれかな?と考えてしまいますよね。

定価が同じなら何を選んでも同じじゃないの?

同じではありません。
定価は同じでも値下げするものとしないものとでは販売価格にかなり差があるからです。

損しないように選ぶには、基本的に定価販売で滅多に値下がりしない商品を選ぶことです。

2.カタログギフトで損しないためのチェック項目と注意点

2-1.カタログギフトでチェックする項目

重要チェック項目
*ネットでの販売価格
*ブランド・メーカー

カタログギフトでどれにしようか迷った時はAmazonや楽天でネットでの販売価格をチェックします!!

商品によって型落ちでかなり安くなっているものもあります。
特に家電などはすぐ型落ちするので要チェックです!

ブランドやメーカーは要チェック項目です。

ブランド物は価格が下がらないものがおおいのでお得商品かもしれません。
そのため、種類が1種類のみだったりしますがお得な可能性大です◎

聞いたことのないメーカーの家電などは検索でレビューをチェックしてからの購入をオススメします。

チケット系
お得なものが多いので場所やタイミングが合えばすごくお得です!

グルメ系
食べ物はグラム数に注意です!

写真はすごくよく見えても、届いてみたらえっこんなに少ないの?ってことも。

2-2.カタログギフトで注意する点

ハガキ・シリアルナンバーはしっかり保管しておく

なくしてしまうとカタログ会社に連絡したりすごく手間がかかります。

またカタログギフトには6ヶ月〜1年ぐらいの期間が設けられていて、期限を過ぎてしまうと無効になるのではやめに注文しましょう。

3.カタログギフトの意外と知らない裏技

WEB限定商品にお得商品があるんです!

最近ではQRコードを読み取ってスマホで注文できてしまうカタログギフトも多いです。

カタログには載ってないWEB限定商品があるカタログギフトもあります!

QRコードの下や近くに小さい文字で書いてあることが多いのでチェックしてみてください。

ハガキでしか注文できないカタログギフトもありますが、WEB限定商品がある場合お得な商品がある可能性大なのでチェックしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました